レバレッジは自分にとって得にも損にもなる諸刃の剣であることを認識しましょう。

CFDを理解するためのお役立ちサイト

レバレッジのマネージメント

証拠金取引の一種であるCFDの特徴として、レバレッジを使って投資ができることが挙げられます。
もしレバレッジをかけて投資して、取引に成功すれば大きな利益を手にできます。
しかしレバレッジをかけて取引をしたときに、必ずしも自分の思っている方向に値動きがいかない可能性もあります。
真逆の方向に相場が動いてしまう可能性があります。
その場合大きな倍率のレバレッジをかけていると、大きな損失を計上してしまう可能性もあります。
CFDのメリットと言うと、レバレッジをかけて大きな儲けが出ることがことさら強調される傾向がありますが、リスクもあることを認識する必要があります。
レバレッジをかけて資産運用することも良いですが、きちんとリスクマネージメントをする必要があります。
初心者の方は、低倍率のレバレッジで投資することで、もし損失が出たとしてもダメージを限定的にする必要があります。
もし高倍率のレバレッジで勝負するのであれば、この価格になったら自動的に売買できるような注文を出して準備することが求められます。
仕事をしている人は、24時間ずっと画面に張り付くことはできないでしょう。
自分が画面から目を離しているすきに大きく値動きを起こす可能性も否定することはできません。
そのようなことも考えて、注文の仕方を工夫しましょう。
レバレッジを使って資産運用する場合には、まず自分の中でライン設定することが重要です。
例えば、損失を計上したと仮定して、どの程度の損失であれば需要可能かについて想定してみましょう。
そしてレバレッジをかけて資産運用することになった場合、1単位動いた場合どのような損益になるのかということを計算しておきましょう。
またレンジブレイクのラインを想定しておくことも重要です。
どこまでであれば許容範囲化、そのラインを下回ったら損失を確定するかということを決めてしまいます。
投資の鉄則として、トレンドがありますので、その流れに従うことが挙げられます。
しかしトレンドは半永久的に変わらないものではなく、どこから変化するものです。
もしトレンドに乗って資産運用をしていて、流れが変わった場合には、変に期待するのではなく、損失を一定の所に抑えることを検討しましょう。
デイトレードのような短期取引をするのであれば、新規注文をする時に、損をするリスクもあるので同時に決済注文を出すように心がけましょう。
利益が上がることを期待するのはいいことですが、損失を計上したときの準備をすることも大切です。

ピックアップ

Copyright (C)2017CFDを理解するためのお役立ちサイト.All rights reserved.