CFDはいろいろな金融商品を使って取引できますが、一つの口座で管理が可能です。

CFDを理解するためのお役立ちサイト

口座の数

投資をする時に重要なこととして、自分がどの程度の利益を出しているのか、もしくは損失を計上しているのかについて、正しく理解することが挙げられます。
しかし特に頻繁に取引をしている人は、お金の出入りが激しくなるので、情報をいちいち管理していないと、結局いくらの利益もしくは損失を抱えているかについて、的確に把握できなくなってしまいます。
そこで投資をする時には、収支の情報をきちんと管理することを忘れないようにしましょう。
収支の情報を把握するためには、CFDはメリットが高いと言われています。
CFDは、通貨や株式、債券、株価指数などを使って、取引ができます。
いろいろな金融商品を使った取引ができるのですが、すべての金融商品のやり取りをCFDであれば、一つの口座の集約して資産運用ができます。
つまり自分の現在の資産状況を確認するためには、口座の残高を確認すればいいわけです。
投資をしている人の中には、複数の金融商品を使って取引している人もいるでしょう。
その場合、株式はこの証券会社、FXはこの銀行と言った感じで、異なる金融機関を使って取引している人もいるのではありませんか?
異なる金融機関を使って資産の管理をしていると、なかなか全体像を把握することが難しくなります。
自分で収支計算の管理をするのが面倒と思っているのであれば、CFDのような一つの口座で資金管理できるような投資に参加してみるべきです。
これから本格的に投資をするので、自分がはたして正しい取引ができるのかと不安に感じている人も多いでしょう。
実はCFDでは、取引をしなくてももうけが出るシステムがあります。
それはオーバーナイト金利です。
FXをしている人は、スワップ金利と言うのがあるかと思いますが、オーバーナイト金利も基本的には同じシステムとなります。
日本と海外とでは、異なる金利が設定されています。
海外の金融商品を購入すると、この金利差の調整をする必要があります。
CFDの場合、高金利の国で発行されている株式などを売るポジションでいて、1日またぐと金利を受け取ることができます。
逆に高金利の株式を購入するポジションで1日またいでしまうと、オーバーナイト金利を支払う羽目になってしまいます。
この両者を混同してしまう人がいますので、注意しましょう。
またオーバーナイト金利は、すべてで発生するわけではなく、株式と株価指数、業種別CFDで取引をした場合に発生します。
この点もあらかじめ理解しておきましょう。

ピックアップ

Copyright (C)2017CFDを理解するためのお役立ちサイト.All rights reserved.