レバレッジは、メリットになることもデメリットになることもあるので注意しましょう。

CFDを理解するためのお役立ちサイト

レバレッジの運用

差金決済取引であるCFDは、金融商品を購入するときに実際にかかる金額を用意する必要はありません。
証拠金取引とも言われていますが、担保になる証拠金を支払っていれば、それよりも大きな金額を使って取引することも可能です。
自分の手持ち資金よりも大きな額で取引することをレバレッジと言います。
レバレッジですが、CFD業者によってかけられる倍率は多少違いますが、最大で10倍としている所が多いです。
すなわち、10万円が手持ち資金の場合には、100万円の取引が可能になるわけです。
100万円で金融商品を購入して、110万円で売却できれば、10万円しかなくても、10万円の儲けが発生します。
10万円の元手がうまくいけば倍の20万円に膨らませることもできるわけです。
小さな資金でも大きな利益が上げられるところが、CFDの魅力と言えます。
株式投資に興味があっても、株を購入するだけの資金が用意できないと思っている人もいるでしょう。
そのような人は、CFDに投資をすれば、元手はそれほどかける必要はありません。
しかしここで注意したいのは、レバレッジはメリットになることもあれば、デメリットになってしまう恐れもあることです。
もし取引に失敗した場合、上の例でみると100万円分の金融商品を購入して価格が下落して、90万円で売却をした場合には、10万円を計上しないといけなくなります。
つまり証拠金がゼロになってしまうのです。
レバレッジが大きくなればなるほど、ハイリスクハイリターンのギャンブル的な資産運用になってしまうことを理解しておかないといけません。
初心者の場合、まだまだCFDによる投資の仕方についてはっきりとマスターできているわけではないでしょう。
そうなると、資産運用でミスをする可能性もあります。
そこで最初のうちは、あまり大きなレバレッジをかけないようにすることをお勧めします。
自分の資金通りの資産運用をする、レバレッジをかけたとしても、初心者は倍率を2倍程度をマックスにして投資をしていくべきです。
ついついアツくなってしまうとレバレッジの倍率を大きくして、一獲千金を狙って勝負と思ってしまう人も多いようです。
しかし投資は決してギャンブルではありません。
興奮してしまうと、正しい判断ができなくなって、損失が膨らんでしまうことが多いと思って下さい。
冷静に分析をして資産運用するように心がけることが大事であると念頭に入れておきましょう。

Copyright (C)2017CFDを理解するためのお役立ちサイト.All rights reserved.