投資方法はいろいろとありますが、その中でもCFDが注目を集めています。

CFDを理解するためのお役立ちサイト
CFDを理解するためのお役立ちサイト

CFDを理解する

一昔前までは、ある特別な人が投資をするものというイメージがありました。
しかし最近では、一般の方でも投資をして資産運用するのが当たり前の時代になってきています。
投資をする対象の金融商品のバリエーションもいろいろと増えています。
投資方法の中でも最近注目されている金融商品の中の一つに、CFDがあります。
CFDとは「Contract For Difference」の略称を指します。
日本語では「差金決済契約」という言葉で紹介されることが多いです。
差金決済は、金融業界に詳しくない人にはあまりピンとこない言葉かもしれません。
差金決済とは、売買をする時に全額の取引をしない方法を指します。
売買の結果として、差額が発生したとします。
この差額だけを取引するスタイルのことを指します。
簡単な例で差金決済について、紹介してみましょう。
あなたが株式投資をしていて、ある会社の株を1万円で100株購入したとします。
この時実際には100万円を現金で支払って、株を購入する必要があります。
もしあなたの購入した株の価格が上昇して、11000円になったとします。
ここで100株全部を売却すれば、110万円を受け取ることができます。
通常は、100万円で株を購入して、110万円で株を売却しないといけません。
しかし差金決済では、100万円も110万円も必要ありません。
結局取引をして10万円の儲けが出ています。
そこでこの10万円だけを受け取る取引になるわけです。
CFDの場合、上で紹介した株式を購入するための資金を要求しません。
証拠金と呼ばれますが、担保を支払えば100万円分の株を購入することができます。
証拠金の額ですが、あなたが購入した金融商品のリスクレベルに応じて変わってきます。
しかし個別の株購入の場合には、10%程度の証拠金を口座に入金していれば、取引ができると言われています。
ここまで見てきて、すでに投資をしている人の中には、FXに近いのではないかと思う人もいるでしょう。
基本的なシステムについては、FXもCFDも一緒です。
しかしFXの場合、通貨の取引に特化してサービスの提供をしています。
一方CFDは、通貨も含めてありとあらゆる金融商品を対象にして、差金決済ができる投資方法です。
株式もあれば、債券もあります。
さらには、指数を使って取引もできます。
国内はもちろんのこと、海外で販売されている金融商品を使って取引も可能です。

ピックアップ

Copyright (C)2017CFDを理解するためのお役立ちサイト.All rights reserved.